Img_df06d969da012b0372233e3d034ea76b
Img_1114fe8bce6dc3bd90c6d06d4780e78a

それは 心身の、人生の、前向きな変化へのサポート

1995年  Dr.ジョン・ヴェルトハイムは、自身の長年の多岐にわたる分野の研究と臨床での業績を集大成し、心と体の前向きな変化をサポートするためのまったく新しいシステムとして「ボディートーク療法」を創設しました。

 現在はアメリカを拠点に このヘルスケア様式は 世界35ヶ国8ヶ国語で広がっています。


 非常に幅広く、様々なアプローチで、 体・ 心・ 感情・意識 ・環境 (仕事、家族・友人・恋人などの人間関係、過去のトラウマ など)にも焦点を当て、どのような影響を受けながら、ときに傷つき、悩み、苦しみを抱えてきたのか・・・

 そして、 一体 どう したらよい のか・・・

 その答えは誰でもない 「あなた自身」が実は わかっているのです。


 誰にでも「自分をより大切に」しようとしている「力」が働いてくれています。
(あなたの傷を治すのは誰ですか ?あなたですね!)

 けれど私たちは ときに、その「力」を発揮しづらくなることがあります。

 心身にアンバラスが起こり、 からだ本来の働きができず、結果として何かしらの不調や感情的な問題として表れてくるのです 。

 ですので(一言で言えば )その バランス を取り戻していけば 、心身 が「再起動」され 、あなた 本来の力 を取り戻していくことができるということです。

 赤ちゃんから 妊婦さん、障害をお持ちの方、ご年配の方 そして ペット まで !

 世界で認められている安全性とシンプルでパワフルな優しい療法です。

〇思いもよらないことが!でもそれあなたは知っていたのです。

Img_89ddb266c9e4934c150931b3ad14b098
ボディートーク療法は、私たち施術士がなにか治癒させる、というものではありません。

クライアントさん自身が、クライアントさん自身で「ほんとうの健康」に向かっていくためのものです。


 まさに自分で自分を癒していく、何が自分を苦しめているか気づいていく、この気づきを「からだが教えてくれる」ともいいます。


 こんなにいま辛いけど、でも「自分には自分で健康を取り戻す力がある」ということ


 その力により、もしかしたら症状の緩和として現れていくかもしれない、あるいは目の前で刻々と展開される人生への見方を変えることができるかもしれない、、、


 何より重要なのは、その変化は施術士ではなく「クライアントさんご自身が起こすということ」



 どれだけあなたの 「からだ」は賢いか!知ってますか?


 初めてボディートークのセッションを受けてくださる方々に、受けようと思われたのは何がきっかけですか?とお尋ねしますと、


「誰もが持っている、自分をよりよくしようとしてくれているこの力が働けば、何か変わるかもしれないと思って」


「一体この不調はなんなのか、検査で異常がないと言われて、でもなぜか不調なので来てみました」


「自分ではこうしたらいいってわかってるんだけど、どうしようもなくて」


「ボディートークを受けている友だちが、人生楽しくって〜と笑っていたので」などと答えてくださいます。



あなたのことをわかってあげられるのは、あなた以外にはいませんものね。

〇話したくないことは話さなくて大丈夫です

ボディートークの安全なところ その2

「話したくないことは話さなくていい」ということころ

施術士に話したくないことだってありますよね。

何でもかんでも話さなきゃということはありません。

もし、少し情報が欲しい時には、「Aさん」とか、もしくは「頭に中で思い描いていただく」ということができます。

そうしながら、感情が湧き出してくれば、それもそのまま表現していただいて構わないのです。
ただただ、受け止めるだけです。

安全ですね。

また、施術士はなんでもお見通しなんてことはありません!

ボディートークは、世界共通のプロトコールチャートに則って、世界共通のシステムに則って、システマチックにできています。
なので訓練すれば誰でもできるようになっていくのです。
施術士が何か特別な力を持っている、そんなことはありません。

もちろん勉強や訓練は常にしておりますが。

お客様の方が何か特別な力を持ってるんじゃ!ということがあるかもしれませんしね。


さて、もちろんお話されても構わないのです。

お話を聴くことは、養護教諭16年もやっているので大得意です♩


そういうことで、話さなきゃ、見透かされる、逆に話をきいてくれるかしら、そのようなご心配はありませんので、リラックスしてくださいね。
Img_611d029ec96fd9b8d5a72ca4bf650336

〇安心で安全〜「許可」の概念

 私がボディートークの考え方で素晴らしいと思ったことの一つに、『許可』の概念があります。

 ボディートークの施術の一番最初に、
「いまからボディートークのセッションをしてもいいかどうか」をからだに尋ねるのです。

 ほとんどの場合は許可がおりてセッションへ進むのですが、例えば施術士が鍼灸師だったとしたら、
 「ボディートークではなく、まずは鍼灸師として針を打ってほしい」ということもあるかもしれません。

 クライアントさんがボディートークを受けたいと思っていてもです。
 (受けたいから来てくださってるのですが!賢いからだにはかないません。)
 

 また、これは施術士が気をつけているのでほとんどありませんが、
例えば施術士がセッションの前に、アルコールや薬を飲んでいたら、
セッションをしてもいいという許可がおりないかもしれません。
 

 このような許可の概念は、施術士としても、
また自分がセッションを受ける側にいても安心できるものですね。


 ボディートークの安全性は、非侵襲的。

 だから赤ちゃん(ときには胎児)~ご年配の方まで、

病気のあるなしに関わらず、受けていただけます。
Img_94a7a0ed84185952ffa7000d7d3102dd

〇一体誰が?

「頭が痛い、一晩休んで様子をみよう」翌朝「よくなった!」

「指を切ってしまった!」数日後「気づいたら治ってた!」

「とっても心が傷ついた!」数日後「そこから学んだなあ」

では、ここで質問です。

「それは一体誰が治したのですか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち人間には自らの健康を回復していく「自然治癒力」が生まれながらに備わっています。
当たり前のことながら、その答えは

「自分自身」

現代医学では、素晴らしい治療技術があり、その助けがもちろん必要な場合もあるでしょう。

ですが、最終的に治癒していくのは自然治癒力が働いてのこと。
 
人間の体内では、脳や内臓、血液、神経系といったさまざまな組織が互いに連携、同調しあいながら働き、生命・健康を維持しています。

いまこの瞬間も、それも、身体レベルだけの話ではありません。

なぜなら、人間は、けっして部品の集まりなどではなく、体・心・精神・感情・意識・環境などすべてを含めての包括的存在であるからです。

医療と一緒に、補完的に、ボディートークを受けられている方はたくさんいらしゃいます。
Img_46ad3bf07e33fca52618af703a2cf09b

〇答えを知っているのは誰でもない「自分自身」

私たちの体は、いつも、この瞬間も、自然治癒力が働いています。
それはなにも、ケガをしたときや病気のとき・・・だけではありません。

常に自分をよりよくしようと、
つまり健康でいよう!と働いてくれているのです。

だからこそ私たちは心身ともに多少のダメージを受けても、
回復していくことができます。

 
ところが
その自然治癒力が、本来の力を発揮できないことがあります。

それは、日々頑張ってらっしゃるみなさんがお持ちの

「ストレス」が関係しています。

私たちは本来なら、
体がしんどかった日も、一晩休めば楽になっている。
感情的なストレスがあってもそこから知恵や経験を獲得し、
より成長した自分で生きるという姿であるはずです。 

それはみな例外なく
そのような素晴らしい力、よりよく生きる力を持っているのですから。

ところが・・・
現代社会にありすぎる「ストレス」が、その力を邪魔してしまうことがあります。

毎秒何十億という体内のコミュニケーション網が
ストレスによって分断され、うまく機能することが難しくなるのです。

ボディートーク療法は、現れた症状をなんとかしようとするものではありません。
その前段階の「分断されたところはどこか?」に焦点を当てます。

なぜなら、その答えを知っているのは「あなた自身」ですし、
本当はどうしたらいいかも知っているのは「あなた自身」ですし、
それを修復できるのも「あなた自身」の自然治癒力だからです。

・・・これまで生きてきたあなたの人生の、
体の、心の、感情の、記憶の、意識の、環境の、
一体何を私たちは知っているというのでしょう。
Img_ff2c777b2cb3368291a0c7eb7c29aa4c

〇どんなことをするの?

ボディートーク療法は、西洋医学、東洋医学、応用運動学、カイロプラクティック、鍼灸、オステオパシーなどの成果を取り入れた「独自の施術システム」です。

体のどこが・・・人生の出来事の何が・・・ため込んでいるいつの感情・・・どんな環境要因が・・・

エネルギーが・・・信念が・・・いまの不調となって現れているのか?


それを、

1.心身複合体の地図とも言われる「プロトコールチャート」を用い、

2.「神経-筋バイオフィードバック」の技法で優先へと導かれ、

3.修復すべきものを探し出し、

4.頭部と胸部をトントンと軽く叩く「タップ」の技法を使い、

5.その分断されたコミュニケーション網を修復していきます。


という、これまでにない、まったく新しい療法です。


そしてなにより、施術士は、診断もしません、針を刺しません、

体に強い力を加えたり、お薬などを処方したりなど絶対にありません。


まったくもって、安心、安全、シンプルにもともと備わっている自然な力を高めるもの。


ですので、他の療法との併用ももちろん可能です。

お申し込みお問い合わせはこちら (Click!) 
Img_5a6ce27264f7ddabd934d913fca7cc5e